自己破産と過払い金の関係を解り易くまとめました

過払い金があれば自己破産できない

自己破産は債務者にとっての最終手段と言えます。返済したくても出来ないわけですからね。国が認めた最後の救済方法ですね。しかし気を付けなければならないのは、財産を没収されるという事です。自動車や高級住宅などは差し押さえの対象になります。生活していく上で最低限必要な住居や生活必需品だけが免除されます。そして、もしも債権者に対し過払い金が発生している可能性がある場合は、それ自体が財産となり過払い金を回収しなければ自己破産は出来ない仕組みになっています。

過払い金を弁護士に調査してもらう

弁護士に自己破産の相談をしたとしても、まずは債務整理という扱いを取ります。その時点で債務者各位には弁護士からの受任通知が発送されますので、督促を受ける心配はなくなります。弁護士は現在の借り入れ状況だけではなく、過去にまで遡って取引履歴の開示を債権者に求めます。債権者はこの要求に速やかに応じる義務があるため、無視する事は出来ません。これが過払い金の調査に当たる部分で債務者が気付かない内に、過払い金が発生している事が多々あります。

過払い金を回収出来たら自己破産申請をする

過払い金の回収が出来ても、依頼者の手元には一円も入っては来ません。弁護士を通じて債権者各位に分配されます。これですべての財産を処分した形になります。そしていよいよ裁判所に破産申請をする運びになります。そこで本格的に債権者には自己破産開始の通知を郵送する事となります。自己破産が裁判所に認められるには異議申し立ての期間を待つ必要があります。債権者の中には申し立てをする業者もいますが、大抵の場合は認められます。

自己破産は支払いが困難であると判断された人であれば、誰でも手続きを行うことができる、救済処置といえます。