遺産分割を遺言書によって行う場合の注意点

遺産分割の内容は遺言書によって変えられる

遺言書は必ず作らないといけないものではないので、それがなければ法定相続人に想定相続分の遺産がそれぞれわたることになります。ただ、遺言書を作成すると、遺言書の通りに遺産を相続させる人や相続させる金額を変えることができます。つまり、本来法定相続人ではない人に対しても、相続をさせることができるので、こういった問題に関して特別な希望がある場合には遺言書を作成して、それによって遺産分割を行っていくと良いのではないでしょうか?

遺言書の内容は自由に決められるわけではない

遺言書を作るとある程度自由に相続人や相続させる金額を決められますが、法律では遺留分という権利があり、これは法定相続人に最低限いきわたらないといけない金額を意味しています。つまり、遺留分に相当する金額だけは、法定相続人が相続する権利があるので、法定相続人に一切遺産がいきわたらないとか、金額が遺留分の相当以下であるとか、そういった場合には、その遺言書の内容が一部無効になる可能性があるということは知っておいてください。

遺留分はあくまでも権利である

遺留分に相当する金額は法定相続人が貰う権利を有しているので、その権利を行使すれば遺言書に書かれている内容を覆して、自分も一定金額を貰うことができます。ただ、権利であるので必ずしももらわないといけないものではなく、自分はいらないといえば、その遺言書の内容が遺留分に反していても、その遺言書の内容全てが有効になるのです。自分は十分財産を持っているから、自分の兄弟とかにあげてくれと思っているならば、それは全く問題ありません。

人生の終わりはいつやってくるかわからないものです。遺産相続で残された家族が争わないためにも、エンディングノートは用意しておくべきです。