実は堅実!?信用取引の実践活用テクニック

「信用取引は危ない」は素人の認識

証券会社から株を借りて資産運用する信用取引は、「借金をしてギャンブルをするようなもの」と言われて大変危ない取引だという認識が未だ根強く蔓延しています。たしかに賭博のような運用もできるため、そのような乱暴な論法が成り立つ余地もありますが、実践の場ではそうした運用をしているトレーダーはほとんどいません。賭博のような運用をしても、株相場では全く利益を積み重ねることができないことを知っているからです。つまり、信用取引を危ないと考えている人は、株取引の素人だと言えます。

利益の確度が高い状況のみに絞った足の速い運用

信用取引が大きなリスクを孕んでいることは明らかなので、リスクコントロールを旨とするトレーダーは信用取引を利用する場面を明確に規定しています。その細かい規定はトレーダーそれぞれですが、ほぼ全てのトレーダーは利益の確度が高い場面でより利益を伸ばす際に信用取引を活用します。現物取引で利益が伸びている状況で、さらなる株価の上昇が期待されるのみに信用取引で株の買い増しをするのです。そして、その期待が一瞬でも裏切られたと感じたら、即信用取引の方から手仕舞いをしてしまうようにすれば、そのリスクを大きく抑えることができます。

同傾向の銘柄を「反対売り」することで損失を減らす

リスクコントロールと切っては切り離せない信用取引ですが、直接リスクを軽減するためにも活用されます。例えば、同じ動きの傾向を示す銘柄で片方の株価が上がると踏んだ場合その株を現物で買い、片方の銘柄を信用取引で建玉数を減らして売るのです。これで現物買いした銘柄があてが外れて下落した場合でも、もう片方の銘柄が同じような動きを見せれば信用取引の売りで損失を軽減することができます。信用取引はこのように賢く使うことで、リスクを抑える武器とすることもできるのです。

信用取引では、売りから入って買いで終わることもできます。これによって、株価が下降線を描いているときにでも儲けられます。