FXにおける鉄板の売買方法!代表的なものを3通り紹介します

移動平均線のシグナルに従う

これは鉄板の売買方法ですね。短期移動平均線を中期移動平均線が下から抜けばゴールデンクロスで買いのシグナル、逆に短期移動平均線を中期移動平均線が上から抜けばデッドクロスで売りのシグナルと言う訳ですね。コツとしてはシグナルが出てからでは、トレンドに乗り遅れますのでクロスしそうな手前で注文する事です。このシグナルに従う事のメリットは迷いを消し去る事に有ります。単純なシグナルですので見逃す事もありません。お勧めの売買方法の一つです。

オシレーターのサインは見逃さない

チャートのサブウインドゥに表示させてあるのがオシレーターです。オシレーターは無数にありますが、どれを使っても構いません。お勧めのなのは最低二つ表示させる事です。いわゆるダマシを避けるためです。メジャーなオシレーターは買われ過ぎ、売られ過ぎを表示させるものになります。このタイプのオシレーターは複数存在しますので、気に入ったものを二つ選択すると良いでしょう。気を付けて頂きたいのはチャンスが来れば躊躇なくエントリーするという事です。オシレーターは100%ではありませんので、どんどんエントリーして損失より利益が上回るようにしましょう。

出来高で判断すると高確率

出来高は遥か昔からテクニカル分析の材料として使われてきた指標の一つです。指定した期間にどれだけ参加者が建玉したかが一目で分かります。つまり相場に未決済のポジションが今どれだけあるか分かる訳ですね。これは非常に有意義な情報として扱えます。出来高が多く価格が上昇か下降に傾いているとすればトレンドが加速すると予想されるからです。それについていけば良いだけです。びっくりするぐらい単純な方法ですが高確率な方法と言えます。

為替はちょっとしたことで変動するものです。たとえばアメリカで失業率が上がったというだけで、円高になったりするのです。