デザイナーと言う夢を叶えるために!デザイン専門学校の選び方

授業形式はどうか確認しましょう

デザイナーになる方法としてデザインの専門学校に行く方法があります。ただし、デザインの専門学校も様々です。学校と言いながらも、レベルが低ければ卒業をしても業界で苦労する事になります。そうならないようにレベルの高い専門学校を選ぶ必要があるでしょう。その場合、どんなポイントを見れば失敗しないかと言うと、まず授業形式を考えなければなりません。例えば少人数かそれとも多数で授業をするスタイルかもチェックが必要です。そして講師が直接指導してくれるかどうかもポイントになります。

授業料はどれぐらいか確認

授業料が相場よりもかなり少ないデザイン専門学校もあります。しかし授業料が安いから、すぐに飛びつくのは辞めた方が良いかもしれません。何故かと言うと、授業料が少なければ、十分な設備が整っていない事もあります。他にも、授業料は安いけれど、教材費がとても高くて結局、他の学校よりも高い学費が必要になるケースも少なくありません。総額はどれぐらいかかるのか、そこで比較をすると良いです。特待生制度等を行っている専門学校では、割引をして貰えるかもしれません。

就職の時サポートがあるかどうかがポイント

デザインの専門学校は勉強をする所です。しかし勉強をしたからと言って、すぐにプロになれる訳ではありません。プロになる為には就職をする必要があります。そのためにはその専門学校が、どれだけの就職サポートをしてくれるかどうかがポイントです。このサポートがきちんとしていなければ、ただ、卒業しただけになります。ポイントは業界とのパイプがきちんとあるのかどうかです。特に歴史がある所は、パイプが出来ている事も多いので、その点も考えて選ぶと良いでしょう。

ゲームの専門学校は、プログラムやゲームのデザインのコツなど、ゲーム製作の基本となる部分を学ぶものです。とはいえ、実際にそうした仕事に就職できるかはその人のセンス次第であり、向き不向きの大きいものです。