住宅や家財を守る!火災保険の良い選び方とは

保険金の限度額で決める

万が一に火災などの被害にあった時にいくらまで補償が受けられるかは、保険に加入をする場合には大事ですよね。やはり安心して暮らしていくにはしっかりと保険金の設定も行ってから、加入を決める必要がありますよ。新築戸建て、分譲、中古など住まいの条件によって大きく変わってくるので、事前に確認をしておくと安心です。建物以外の家財もどこまで評価されるかを算出することによって、指摘な保険を選ぶことが可能になります。

保険の期間を選択する

火災保険に加入をする場合には契約する期間を決めることが必要になります。家を所有する限り火災保険は必要となるので、予算などに合わせて長期的な契約をしておくと安心ですよ。短期契約をしたい場合には1年単位でも可能になっているので、保険会社に相談をして決めることが大事です。同じ保険金額であっても長期で契約をすると支払う保険料が安くなるので、割引などを受けてお得に使いたい場合には長期一括を選ぶと良いでしょう。

補償の内容を比較して決める

火災保険は火災や落雷などの補償をベースとしてオプションで様々なものを追加することが出来るので、立地の条件などに合わせて最適なものを選ぶことが大事ですよ。基本補償とは別にオプションで追加することで、水災、風災、盗難なども対象となるので安心して暮らせますよ。地震による被害は火災保険は対象としていないので、地震保険にも加入も検討しておくと良いでしょう。隣家の延焼などをカバーする特約もあるので、予算に合わせて決めることが必要ですよ。

火災保険は住宅や家財などを守るためには必要とされている大切な保険です。賃貸住宅などでは強制加入の場合もあります。